banner

法人設立の届出

法人設立のための届出について


会社を作ろうと思い立ったら、すべきことは一つです。それは法人設立のための書類を揃えて所轄の法務局へ届出ることです。この法務局への届出をすることこそが法務局への法人登記の手続きであり、法人登記をすることで法人設立をしたということができるのです。この手続きは法人設立のためには避けては通ることのできないものですので、会社を作ろうと志すのであれば知っておく必要があります。
法人設立のために必要な物はいくつかありますが、まず最初に用意すべきは定款と呼ばれる書類です。これは会社組織の内容を記した書類で、事業内容や各種の取り決め事項、役員の構成など様々な取りきめごとが明記されています。この書類は後々重要なものになってきますので可能であれば専門家の助言を受けながら作成をすることを勧めます。この定款は公証人役場に提出して承認を受けることになるのですが、その商人の際に印紙税としてかなりの金額を納付することになります。後から変更をしたいと思った場合には変更することが可能なのですが、決して安い金額ではないということを頭においておく必要があります。そのため後から変更をしなくて済むような準備をしておくことが望ましく、専門家の意見を取り入れながら作成することが最終的に無駄のない作業につながります。
次に出資金である資本金を銀行に払い込む必要があります。銀行の種類は問いませんが、出資金をどこかの銀行口座に振り込みを行い、その内容を証明してもらわなければなりません。この証明書も法人設立のための必要書類の一種になります。この資本金は多ければそれだけ信用を高めることができますが、登記の際に支払う手数料が高くなるという側面も持ち合わせています。資本金の額については計画的に決め、必要とされる金額を明確にした方がよいかもしれません。
最後に必要になるのが印鑑証明です。法人設立をした後、様々な取引をすることになります。そのときに使用する印鑑についてはちゃんと手続きをされた会社の代表印であるということを証明する必要があります。その印鑑証明を作るのも法務局での手続きが必要です。会社を作ろうとする場合には印鑑を取り扱う各種のお店で会社設立用の印鑑の3点セットを注文するのが一般的です。会社の代表者の印である代表印に加え、銀行印、角印の3種類が事業活動をするにあたって重要な印鑑となります。
これら全てを揃えて法務局に持ち込むことで法人設立を行うことができるのです。

Copyright(c) 2014 法人設立で最初にしなければならないことAll Rights Reserved.